カンザスの空からー草原の写真家

かれこれカンザスに住み始めて17年、都会で働いていた私には何もかもが新鮮な田舎暮らし。カンザスの空に惹かれて写真を真剣にはじめたのは数年前。今ではそぼそぼと作品がいろいろと起用され始め、人間の写真も撮るように。遠いカンザスの空から、故郷の日本へ写真を送信。

ちなみに写真は一応プロですので著作権がかかわってきます。ほかのサイトや写真使用ご希望の方は必ず許可を私から取ってください。

私のフリッカーサイト、お暇なときに見てください。写真下の右側に”LICENSE"とあれば、ヤフー/フリッカーを通してライセンス購入できます。https://www.flickr.com/photos/lettieofelpaso/

All rights reserved.

Sun & Sons 

なにせ写真をよく撮るので、ポータブルHDがすぐいっぱいになります。そんな時はお金節約のため昔に撮った写真を見て、撮っておくのにいたらないものは削除して空きを作ります。


で、2011年に撮った写真を見ていたらこの写真を見つけました。時々なんで何もしないでほっといておいたんだろう~と思うような写真をよく見つけます。5年という歳月は本当に短いようで長く、特に写真家としてはまったくのど素人でした。


この写真を見たときは太陽の大きさに驚きました(自分でとったくせに)。そして今ではどうやってこの写真撮ったのかわかりません。5年たった今、息子たちは一人は成人、もう一人は高校卒業を迎えて、この写真のときよりう~んと背が高くなっています。うちでは犬の散歩は毎日の家事のひとつとして強要してきました。。。歩くって事はいいことです(特に犬と一緒に)